2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

出場予定大会

  • 11月12日 岡山マラソン
  •  8月 6日 真夏のもみのき森林公園 30.75㎞
  •  7月16日 ピクニックラン桜江 21㎞
  •  6月11日 再生神話の郷マラニック 50㎞
  •  4月30日 よしか・夢・花マラソン ハーフ
  •  4月 9日 掛川・新茶マラソン フル
  •  3月 5日 秋吉台ジオパークマラソン ハーフ
  •  2月12日 愛媛マラソン フル

お気に入り

最近のトラックバック

Amazanウィジェット

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木)

確定拠出年金(日本版401K)と財産形成

確定拠出年金制度(日本版401K)を使用した財産形成福利厚生制度のご紹介

確定拠出年金制度というと退職金制度としては良く知られていますが、企業型確定拠出年金制度で社員が自分の意志で拠出できる仕組みがあります。この制度で拠出すると、拠出した金額に応じて社会保険料、税金が軽減されます。

例えば月額5,000円拠出した場合社会保険料、税金の基礎額が5,000円減少します。この時社会保険料の等級がうまく1等級下がる場合は、社会保険料の定時改定(算定)で9月に社会保険料が下がり、それ以降の年間の社会保険料、税金の軽減額は3万円ほどになります。それを毎年積み立てたならば20年で約60万円に達します。確定拠出年金に拠出した額は20年で120万円です。加算すると180万円です。5,000円の拠出をするだけで拠出額の半額がリターンとして貯蓄できます。

負担する厚生年金保険料が少なくなるということは、将来もらえる厚生年金が少なくなるということですが、健康保険料等直接将来に影響の少ないリターンされる金額が多くなるので損になることはありません。

そもそも確定拠出年金というと投資信託とか保険商品を駆使して投資をしなければいけないようなイメージがありますが、この場合は、元本確保型に拠出し、リターンされる金額を自分の給与口座のある銀行で自動定期積立すれば良いのです。従って投資とは無縁に高利率の貯蓄をすることができます。ただし、元本確保型で確定拠出年金に拠出した額は60歳にならなければ引き出すことはできません。これだけは老後に備えるお金ということになります。

ただ、この制度を使用するためには企業が社員のために制度として用意する必要があります。個人の希望だけではどうしようもありません。しかし、すでにピンときた方もいらっしゃると思いますが、社員の社会保険料が軽減されるということは、企業負担の社会保険料も軽減されるということです。

実はこの制度は、企業にとっても社員にとっても非常にメリットのある制度なのです。

2008年9月19日 (金)

ストレス食いからの脱出術

○こんな食事が危ない!

**時間帯は?**

・だらだら食い・・いつも何か食べている。手の届くところに食べ物や飲み物がある。

・不規則食い・・・朝・昼・晩の食事時間が一定しておらず、食事も抜くこともしばしば。

・深夜食い・・・・夕食の時間帯が大幅に遅れて寝る直前になってしまう。

**食事バランスは?**

・炭水化物ばっかり食い・・ご飯、麺類、パンなど、とにかく炭水化物が大好き。

・油ものばっかり食い・・・揚げ物や炒めものなど、油をたっぷり使ったメニューが好き。

・菓子ばっかり食い・・・・食事の量は少ないが、実は「お菓子」を食べている。

○これが太る冷蔵庫&食品棚だ!

**太る冷蔵庫&食品棚**

・冷蔵室・・・すぐに食べられる加工食品が入っている。ケーキやチョコレートなどのデザートやジュース類など。

・野菜室・・・ガラガラでほとんど入っていない。トマトやきゅうりなど、切ってすぐに食べられる野菜やフルーツなど。

・冷凍室・・・アイスクリームや電子レンジ暖めればすぐに食べられるピザ、フライドポテトなど。

・食品棚・・・インスタント食品でいっぱい。インスタントラーメンや買い溜めしたしたお菓子やスナック類、菓子パン、果物などの缶詰、さらにビールや発泡酒なども。

○食事以外のストレス解消法を探せ!

 一日一回、自分のためのリラックス時間を作りましょう。

・早寝早起きして散歩する時間を作る

・カラオケで好きな歌を熱唱する

・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

・食べたくなったら歯磨きする

・ストレッチして体を動かす

※日頃の食習慣を見直してみると、体が必要な分量を、単なる習慣で食べてしまっていることが分かります。これから1ヶ月は、惰性で食べることからの脱出が目標。食習慣をどこまで改められるかっチャレンジしてみてください。

2008年9月 4日 (木)

物価高と首相辞任

最近各企業による製品の値上げが続いています。資源高によるものですが、仕方ないと考えるのがおおかたの意見です。また、企業の幹部・社員が給与を減額して値上げを耐えている、という話はどこにも聞きません。お客様のためにといいつつも、企業が存続しなければ顧客満足も達成できないという理屈は事実ですが、もし資源高がこのまま続けば、このまま値上げし続けるのでしょうか。しかし、そうすると、その企業はいずれお客に見放されるのではないでしょうか。

昔、上杉鷹山は、つらいことはまず上に立つ者からと、米沢藩の財政改革に、率先して木綿を着、一汁一菜の生活を行いました。「出ずるを制し、入るを図る」という考えをこつこつ進めるためには、まず藩主である自分が庶民と一緒に苦労を共にしようとしました。

今の世でもこういう人が現れても良いような気がしますが、所詮企業の経営者は昔でいえば商家で武士ではないようです。政治家も突然政治を放り出してしまうし、日本の国は鷹山施政の前の米沢藩と同じように政治不信に陥り、貧困にあえぐ日がやってくるような気がします。それは日本が来年を頂点に限りなく下り坂に向かう予兆のように思えます。自分のことだけ考えていては全体も壊れてしまうのではないでしょうか。特に強い者は自重すべきです。

2008年9月 1日 (月)

広島医院開業支援塾主催セミナー

広島医院開業支援塾主催セミナーのご案内

開催日:平成20年10月19日

     14:00~17:00

参加費:無料

会 場:㈱ハーティウォンツ本社6F

     広島市中区八丁堀11-8 スペースパーク6F

内 容:第一部

      医療行政の流れと今後のクリニック経営

      開業場所選びのポイント

      患者様に選ばれるデザイン

      新規開業の効果的なホームページ

      開業に向けた経営計画策定の注意点と開業までに

      実施すべきこと

     第二部

      無料個別相談会(※事前予約可)

① 案内は下記をダウンロードしてください。

「セミナー案内.pdf」をダウンロード

② セミナー申込書は下記をダウンロードして下さい。

「セミナー申込書.pdf」をダウンロード

申込先:株式会社ユアーズブレーン 

     医業経営コンサルティング部

     広島市中区大手町5-2-22

     TEL:082-243-7331  

     FAX:082-249-7070

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

マラソンブログ

無料ブログはココログ