2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

懸案事項

  • 四季の会記録
  • 動脈硬化のプレゼン資料
  • 水彩画2枚
  • 寝部屋の断捨離

出場予定大会

  •  9月 8日 ピクニックラン桜江20km
  •  8月 4日 もみのき森林公園30.75km
  •  6月 9日 ゆのつトレイルランニング
  •  2月18日 田幸ポプラマラソン
  •  3月31日 千本桜ラン&ウォーク
  •  3月20日 福富ダム健康マラソン
  •  2月11日 姫路城マラソン
  •  12月3日 松江城マラソン
  •  11月19日 板鍋山登山マラソン
  •  11月12日 おかやまマラソン

お気に入り

Amazonウィジェット

最近のトラックバック

« 「この世界の片隅に」がキネマ旬報1位 | トップページ | 雪RUN、雨RUN、霧の中 »

2017年1月11日 (水)

今日は競争した、久し振り

月曜日に走って火曜日は休足
だから今日は寒くても走らないといけません。
おまけに同僚が土日は雪になると、走れなくなる要素をぶら下げる。
 
車でみよし運動公園へ行くと車の感知する温度は2℃。
着替えをするのも寒い。
この前7周12キロ単位と決めたのに、6周でいいかな、と思い出す。
普段は時計を00秒に合わせるのに、今日は待っているのが寒い。
従って5時58分22秒でスタート。
後で引き算が困るだろうな、と思ったが、まあ、いいかと、適当に走った。
 
すると1周目は6時8分XX(暗くてよく見えない)
1周10分程度で走った。
これで火が付いた。
これ以上遅く走ってはならんと。
それからは、ハア、ハア、ゼイ、ゼイ
 
しかもこんな寒い日にもかかわらず意外と人が多い。
ウォーキングの男性が二人、女性二人。
ランナーが二人。
そんな中、必死に走っているランナー1人、私。
走っている本人は、頑張っていると思っている。
でも見ている人はなんて思っているだろう。
「そんなに必死に走らんでも?」
「よくやるなあ?」
絶対??がついてるよなあ、と思いながら走る。
絶対「すごい!」とは思っていない。
だって、速くないもん。
 
そんな時、陸上競技場の外側で一人のランナーを抜いた。
すると、そのランナーは頑張って追いかけてくる。
キロ6分弱で走ってて抜いたんだから、そのランナーは速くない。
なのに、キロ6分弱の私を追いかけてくる。
「そんな頑張らないでよ!」と、自分にかけられているだろう思いをそのままそのランナーに向ける。
が、やっぱり抜き返される訳にはいかない。
頑張っていないふりして頑張った!
結局、陸上競技場を離れたところで、そのランナーは別の方向へ走っていった。
競争した距離は500mくらい。
大人げない私でした。
 
そのせいか、6周で止めようかな?と弱気一杯。
この弱気は骨にある。
走り過ぎてヘルニアをやったり半月板損傷するのが怖いのだ。
この両方とも、走っている最中に足に症状が出た。
痛くて走れなくなった。
だから、いつ痛みが出るかと怖い。
でもスピードを落とせば衝撃は弱まる。
 
6周目からは足のピッチを遅くした。
従って少し歩幅を延ばし目に膝を上げて走った。
7周目は、もうタイムはいいや、と思いながら走った。
 
結局走り終わったのは、7時6分40秒。
1時間8分18秒
12.6キロ
疲れました、足の裏が痛いです。
 
今月68キロ。
次はいつ走れるかな?走るかだろ!
 
 

« 「この世界の片隅に」がキネマ旬報1位 | トップページ | 雪RUN、雨RUN、霧の中 »

runみよし運動公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は競争した、久し振り:

« 「この世界の片隅に」がキネマ旬報1位 | トップページ | 雪RUN、雨RUN、霧の中 »