2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

出場予定大会

  •  7月16日 ピクニックラン桜江 21㎞
  •  6月11日 再生神話の郷マラニック 50㎞
  •  4月30日 よしか・夢・花マラソン ハーフ
  •  4月 9日 掛川・新茶マラソン フル
  •  3月 5日 秋吉台ジオパークマラソン ハーフ
  •  2月12日 愛媛マラソン フル

お気に入り

最近のトラックバック

Amazanウィジェット

« 愛媛マラソン 完走記、うちの体重計壊れてますか? | トップページ | 久しぶりに近所ぐるぐる、ライトをつけて走りました »

2017年2月14日 (火)

愛媛マラソン完走記、今日は走れませんでした

今日は愛媛マラソンから2日目
今日は走っておきたいと思いましたが、朝起きたら雪がこんこん、積もってました。
ここで走る気が急速に萎え、
おまけに今日は母親の誕生日と気が付いて、休足が確定しました。
プレゼントはフルーツとケーキ
最近は、花よりだんご、って感じになっています。
 
さて、愛媛マラソン、本番の日
朝食は、コンビニ弁当です。
朝食にコンビニ弁当を食べたのは初めてかもしれません。
10時スタートでゴールが2時くらいとすると、足りないかな?と思いましたが、下関の胸焼けを思い出して我慢しました。
この判断はよかったです。
最初10キロぐらいまで多少胸焼けしました。
 
会場に向かっているとゆーすけさんから電話が入り、続いてヤスさんとも合流し、東京時代の後輩とも会うことができました。
Cimg3009
 
Cimg3010
 
Cimg3011
 
スタートは後輩と一緒のDブロック。
昨年初フルで4時間半程度で走れている後輩は意欲満々。ただ練習不足もあって30キロまでしか予測がつかないと。
この発言がよくなかった。こういうマイナス思考はレース前はいけません。体が言葉通りに反応してしまうのです。
 
スタートはいつスタートしたのかわからないほど後方。
後輩は気づいていましたが、時計のスタートを入れるのはスタート地点。
私はピストルの音で押すので、とりあえず動きだしたところで時計をスタートさせました。
スタート地点で2分以上のロスタイム。
 
後輩は調子よく他のランナーを抜いていきます。
私は老練なレースを心掛け、キロ5分30秒でキープ。
10キロ地点でもグロスの記録はやはり2分遅れ。
これが後方からスタートした時の弱点。遅れが気になって焦る。しかしここで焦ってはいけません。
老練な走りとは焦らず目標通りイーブンペースを維持することです。
 
しかし20キロを過ぎたころから後ろに4時間のペースメーカーが近づいてきました。
沿道の応援から様子がうかがえます。
サブフォーの軍団が追い上げてきます。
いつかは吸収されます。
しかしここで慌てないのも老練なレーサー。
5キロ28分まで落ちていたペースを上げて、25キロ地点で27分27秒までアップします。
しかしまだペースメーカーに追いつかれません。
 
30キロの標識が見えた時、ペースメーカーに追いつかれました。
サブフォーのペースメーカーは女性です。
かっこいい、スポーツウーマンです。
ここで置いて行かれるわけにはいきません。
ついていきます。
呼吸は苦しくありません。 
 
すると前方でしゃがんで足の屈伸をしている男性ランナーがいます。
そのランナー、あっという間にサブフォーの軍団に飲み込まれます。
あ!後輩だ!
予言通り、30キロで足が止まっていました。
だからマイナス思考はフルマラソンでは禁句です。
 
35キロからの平田の坂もペースメーカーが速度を調整してくれたので、難なく登れました。
苦しのは平田の坂の頂点から下って、再びゴールまで続く微妙な上り坂。
足が疲れているとここはつらい箇所。
サブフォーの軍団は次々とランナーを吸収し、抜いていきます。
軍団からも次々と落伍者が出ます。 
 
県知事さんらしいランナーも抜きました。
ペースメーカーが声援を送ります。
39キロ、40キロ、ここら辺が長く感じます。
やっと41キロが見えました。
ここでペースメーカーさんは、道路中央にそれて、手をまわしてランナーの応援に入りました。
ありがとうと手を挙げて(ペースメーカーは気づかないけど)、スピードアップです。
 
しかしここで、困ったことが起きました。
ここにきて、トイレに行きたくなりました。
それも、大。
そんな馬鹿な。
この街中で、トイレなんかありません。
沿道は応援してくれる人たちでいっぱいです。
我慢します。
原因は、スピードアップです。
ペースメーカーがいなくなってスピードを上げたことで、体が限界に近づきました。
4百メートルの全力疾走を繰り返すと、体中の穴という穴が開く、下の穴まで開くぞ、と中学時代の先生が言っていました。
これだと思いました。
結局トイレに行きたいんではなく、穴が開こうとしているんだと(これも困るんだけど)、我慢しました。
しかしこれはつらかった。
サブフォーは見えていたので、ペースを落とすことにしました。
サブフォーの軍団で一緒に走ってきた黒いユニフォームのランナーと一緒に走ることにしました。
そして、3年ぶりにサブフォーでゴールしました。 
ゴール付近はごった返ししていましたが、高校生たちとハイタッチをして会場に入りました。
 
結局後輩は、4時間40分以上と昨年より記録を落としてしまいました。
でもQちゃんと一緒に走ったと満足気でしたけど。
まあ、土産話は自慢話よりこっちの方がいいでしょうね。
練習してまた来年も挑戦するということでした。
 
愛媛マラソン、気持ちのいい大会です。
1万人も走る割には、支障なく運営されているところがいいですね。
学生たちが大声で応援してくれるのも感謝です。
 
ところが、来年はこの大会には出られない予定です。
順調に行けば、来年は紀州口熊野マラソンを走る予定です。
関西フルマラソン府県制覇の命題が残ってるのです。
サブフォーで走らないと制覇にはなりません。
 
明日から、また半月板に気を付けながら練習です。
関西府県制覇の前に掛川新茶マラソンのリベンジレースがあるのです。
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« 愛媛マラソン 完走記、うちの体重計壊れてますか? | トップページ | 久しぶりに近所ぐるぐる、ライトをつけて走りました »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

サブ4、おめでとうございます。

私も2回目の愛媛マラソンを走りました。
前回(2010年)は4時間台でしたが、今回は5時間25分でした。
「給食」の多さ、沿道の声援の暖かさを感じて楽しく走りました。
まだ、5年ほど東京で働く予定です。
それまでは、農作業などで帰省時などに広島の大会を見つけて走ります。

たかシンバさんへ
年々記録は落ちていますが、私も楽しく走らせていただきました。
地元の小さな大会もみんな一生懸命つくっていらっしゃるので、できるだけ参加しています。
でもなかなか全部とはいきませんね。

広島に帰られたら地元でランニングを楽しんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518936/64894097

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛マラソン完走記、今日は走れませんでした:

« 愛媛マラソン 完走記、うちの体重計壊れてますか? | トップページ | 久しぶりに近所ぐるぐる、ライトをつけて走りました »

マラソンブログ

無料ブログはココログ