2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

懸案事項

  • ラベンダー畑の耕運
  • 竹やぶの竹を切る
  • 動脈硬化のプレゼン資料
  • 本・漫画の処分
  • 水彩画2枚
  • 寝部屋の断捨離

出場予定大会

  •  1月30日 愛媛マラソン
  •  11月21日 第4回仁賀ダムマラソン
  •  11月 7日 仁賀ダムハーフTT
  •  10月 3日 三瓶日帰り合宿
  •  10月18日-31日 酒都西条オンラインマラソン
  •  10月10日 福富30キロTT
  • 10月16日~ 袋井メロンマラソンオンライン
  •  7月23日 道後山トレイル
  •  8月 1日 もみのき森林公園30.75キロ
  •  10月17日 萩・岩見空港マラソン ハーフ

お気に入り

Amazonウィジェット

最近のトラックバック

« 錦帯橋ロードレース | トップページ | 錦帯橋ロードレース 2 »

2018年3月 5日 (月)

錦帯橋ロードレース 1

さて錦帯橋ロードレースの戦勝報告です。
 
目標達成したので、気が楽です。
 
錦帯橋ロードレースは5年振り、朝何時に出たらいいのか忘れてしまいました。
自動車ルート検索で調べたら1時間40分。
これなら1時間30分で着くな、と思って朝6時に出たら高速に乗ってもスピードが出ない。
中国自動車の間は安全運転、山陽自動車道は周りに合わせてす~いすい。
しかし、結局1時間40分かかってしまい、その時点で会場の中にある駐車場は諦め、河川敷の石がゴロゴロしている駐車場へ。
 
着いても受付はないし、着替えもしてきたので、暇~!
取り敢えず荷物をもって会場へ。
会場はすでに人で一杯!
Cimg4168
 
Cimg4157
 
会場で一番最初にすることはトイレ!(笑)
朝行って出てきたのですが、1時間40分も経つと排便活動も活発に。
最後のとどめを出しておきました。
 
更衣室は用意してありますが不要なので会場の中を横切って桜の木がある公園へ。
桜の木の根元へ荷物を置いてしばらくぼんやり。
ふと時計を見ると8時20分。
なんや、あと1時間でスタートじゃないか。
 
ということで、ウインドブレーカーだけになって、ウォーミングアップを始めました。
公園の中のくねくね道を他のランナーと一緒になって走りましたが、左足股関節にぴり!ぴり!と痛みが。
普段の右とは違うなと、1時間50分切りに黄色信号か?
気温が高かったので3往復で温かくなり終了。
 
次はウェアの準備。
暖かくなる予報だったので、ランパンとタンクトップでアームウォーマーなし。
すでに4月の格好です。
でも手袋は着用することに、汗を拭くものが必要なんですね。
そして後で後悔した日焼け止め。
顔だけしっかり塗りました、アハ!
腕や足は塗り忘れました。夜、風呂に入って後悔!
 
その次は足の保護。
最近左足で地面をしっかり蹴れるようになったので、裸足で走るようになりました。
理由は小指、親指がしっかり意識できるから。
よってシューズは臭いです。
 
しかし、全くの素足だと豆や擦り傷ができてしまうので、テーピングします。
ところが、油断していてテープが残り少ない。
踵と小指のテーピングはできましたが、土踏まずから親指の付け根までをテーピングするには足りません。
仕方なく土踏まず部分1周だけにしました。
これも後で後悔、左足の親指付け根に豆ができてしましました。
 
さて、用意ができたところで9時10分前。
荷物を荷物置き場へ持って行ってスタート地点へ。
 
スタート地点へ着くとすでにランナーがたくさん並んでいました。
一番最初のプラカードは1時間20分以内。
そんな、まさか、ここじゃない。
次は?
2時間以上!?
ほんの20m位しか間隔がないのに!
その間に1時間20分以上2時間以内のランナーが
 
並べません!\(*`∧´)/
 
ランナーは車道に入れずに歩道に立ち止まってしまいました。
 
どうしようかな?~と思っていたら、久し振りです!と。
世羅にお住いの女性のランナーです。
これまでも、何回かレースで一緒になりました。
話してみると、私も参加する18日の世羅のしらさぎマラソンにも参加されるとのこと。
楽しみです!
 
と言っている間にもスタート時刻は刻々と近づき、それなのに歩道のランナーは車道に
入れません。
どうやら歩道からスタートすることになりそうです。
ついにスタートのピストルが!
なんとか車道に入り、できた隙間に世羅の女性を入れて、ダッシュ!
 
はできません。
 
しばらくのろのろ、これは1時間50分が危ない!
隙間を縫って走るしかありません。
すっかり世羅の女性のことは忘れてしまいました。
これでは紳士とは言えません。
結局世羅の女性とはその日は会えませんでした。
ちょっと後悔です。
 
スタートしたら市街地に向かって走ります。
しかしその道はお世辞にも広いとは言えず混雑しています。
係員の方が「左側を走ってください」みたいなプラカードを持って立っていらっしゃいましたが、それさえ邪魔!
錦川にかかる橋を渡って市街地をぐるりと時計回りに回って戻ってきて、やっと人を抜いて走れるようになりました。
Photo
 
スタート地点へ戻ってきたところで3キロぐらい。
女性陣の応援があるかな?と期待しましたが、それらしき姿は見えません(;ω;)
それならば、それなら死ぬ気で走ったる!
 
やっとやってきた5キロ、25分23秒
 
む?これは1時間50分切れるかも?
死ぬ気で走らんと!
長くなったので、つづきは明日

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« 錦帯橋ロードレース | トップページ | 錦帯橋ロードレース 2 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦帯橋ロードレース 1:

« 錦帯橋ロードレース | トップページ | 錦帯橋ロードレース 2 »

マラソンブログ

ブログ村

無料ブログはココログ