2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

懸案事項

  • ラベンダー畑の耕運
  • 竹やぶの竹を切る
  • 動脈硬化のプレゼン資料
  • 本・漫画の処分
  • 水彩画2枚
  • 寝部屋の断捨離

出場予定大会

  •  1月30日 愛媛マラソン
  •  11月21日 第4回仁賀ダムマラソン
  •  11月 7日 仁賀ダムハーフTT
  •  10月 3日 三瓶日帰り合宿
  •  10月18日-31日 酒都西条オンラインマラソン
  •  10月10日 福富30キロTT
  • 10月16日~ 袋井メロンマラソンオンライン
  •  7月23日 道後山トレイル
  •  8月 1日 もみのき森林公園30.75キロ
  •  10月17日 萩・岩見空港マラソン ハーフ

お気に入り

Amazonウィジェット

最近のトラックバック

« さいたま国際マラソン 旅2 | トップページ | さいたま国際マラソン 旅4 »

2018年12月13日 (木)

さいたま国際マラソン 旅3

今日は股関節の筋肉痛が収まらないので、7㎞のJOG。
近所グルグル1.4㎞を5周
タイム:39:51
ほぼサブフォーペース。
でも痛いところはやっぱり痛かった!
 
これで今月34+42+7=83㎞
 
で、さいたま国際マラソンの続き
 
26㎞過ぎで登り坂があり、その後はアップダウンを繰り返しながら再び新見沼大橋。
ここは登ったから下りかな?と思ったらそうではなかった。
登って下って登るお椀の底のようになっていました。
坂を登ったところが30㎞
時計は、2:46:51
ラップ、27:42
アップダウンの割には走れました。
 
ここから35キロまでは大きなアップダウンはありません。
軽い坂をクリアしながら走ります。
30㎞からは距離を逆算します。
つまり残り12㎞、みよし運動公園周回コースを7周とほぼ同じ。
だから怖くない。
1㎞短くなるごとにあと6周余り!とか考えて走ります。
ところがだんだん足がきつくなってきました。
今度は両股関節の内側が痛くなってきました。
ついに脚力が切れたか?
まだ、ふくらはぎには疲れは出てきません。
でも股関節内側がピリピリ。
我慢して到達した35㎞
時計、3:14:53
ラップ、28:02
キロ5:30が維持できなくなりました!
 
しかも、35㎞過ぎの給水前に取り出したバーム顆粒、手の中から消えたと思ったら、落としてしまっていました。
振り返ると道路に落ちたバーム顆粒の青い袋が見えました。
取りに戻ろうかと思いましたが、ランナーが来ているので、ぶつかってはいけないと止めました。
再びスピードを戻しながら40㎞地点で飲む予定の最後のバーム顆粒を取り出して封を切りました。
しかし、手袋をした指先では切り口が開かない。
仕方なく半分ぐらい開いた口からバームを口の中に流し込みました。
すると、ゴホッ!
また吹き出しました。
もしかしたら給水のボランティアさんに見られたかもしれません。
右手で顔を拭いて、左手でコップをつかみ、右手に持ち替え、コップの口を潰して水を飲みました。
この間、バームパウダーの袋は右手に行ったり左手に行ったり。
良く落とさなかったなあ。
最後の補給をしてからは頑張りました。
あと7㎞、近所グルグル1.4㎞5周、今日走った距離と同じです。
 
すると急こう配の新浦和橋を過ぎたあたりで、四季の会の寺さんが声を掛けてくれました。
「寺さん!」
ほんと久し振りに会ったので叫び返しました。
「ありがとう!」
そんなに速くないのに、返す言葉は短くなってしまいました。
 
そうして到達した40㎞
時計、3:43:10
ラップ、28:17
あと2㎞、サブフォーは確実です。
 
しかし、ここから微妙に登り坂が続きます。
股関節内側はかなり痛くなっていました。
いつ走れなくなるかと不安を覚えながら、落ちてくるランナーを抜いて走りました。
 
実は、これまでに、最初ペースメーカーに追いかけた女性を抜きました。
最初がオーバーペースだったのかもしれません。
 
30㎞過ぎで私を抜いた女性二人は足が止まっていました。
 
ゴール近くになってやっと勾配が緩くなって、右に曲がって走るランナーが見え、ゴールが近いことが分かりました。
ゴールは手を挙げて走ろうかと一瞬思いましたが、なんとなく照れくさくて、フォームを変えずにランニングフォームを意識して走りこみました。
四季の会二代目会長から、ゴールは姿勢を整えて、と言われたのを思い出したのです。
ゴールの時計、3:56:03
ラップ、12:53
 
コースはアップダウンがありましたが、そんなに難しいとは思いませんでした。
給水もそれぞれ数か所に分けて置いてあり、特に5㎞は16カ所に分けてあったと思います。これは人数が多い時なので大変良い工夫だと思います。
応援も切れることなく続き、「四季の会ガンバレ!」の応援もたくさんいただきました。
沿道の応援の皆さん、ボランティアの皆さん、大会関係者の皆さん、ありがとうございました。
ただ、来年以降、会場案内図は事前送付の案内に掲載をお願いします。それさえあれば、素晴らしいレースだと思います。
 
今回記録したスプリットとラップは大会ホームページのランナーズアップデートから探しました。
これもどこかに書いてもらっておくといいですね。
 
フィニッシャータオル、メダル、スポドリ、パンをもらって、手荷物を受け取り、アリーナの通路を着替え場所を探しながら奥へ奥へと歩きました。
すると、「〇〇さん!」
四季の会の寺崎さんでした。
彼は私が山中湖を走った時に帰りのバスで誘って、四季の会に入りました。
今は四季の会の中心ランナーです。
今回は前の週のNAHAマラソンを走ったあとの2週連続のレースです。
それでも3時間23分で走っていました。
しばらく話しながら着替えました。
懐かしい20年前の時間を取り戻しました。
その後は、打ち上げをするというので、アリーナの外へ出て他の会員を待つことにしました。
 
またまた、長くなったので続きは明日。
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« さいたま国際マラソン 旅2 | トップページ | さいたま国際マラソン 旅4 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま国際マラソン 旅3:

« さいたま国際マラソン 旅2 | トップページ | さいたま国際マラソン 旅4 »

マラソンブログ

ブログ村

無料ブログはココログ