2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

懸案事項

  • 四季の会記録
  • 動脈硬化のプレゼン資料
  • 水彩画2枚
  • 寝部屋の断捨離

出場予定大会

  •  9月 8日 ピクニックラン桜江20km
  •  8月 4日 もみのき森林公園30.75km
  •  6月 9日 ゆのつトレイルランニング
  •  2月18日 田幸ポプラマラソン
  •  3月31日 千本桜ラン&ウォーク
  •  3月20日 福富ダム健康マラソン
  •  2月11日 姫路城マラソン
  •  12月3日 松江城マラソン
  •  11月19日 板鍋山登山マラソン
  •  11月12日 おかやまマラソン

お気に入り

Amazonウィジェット

最近のトラックバック

« 紀州口熊野マラソンの参加通知書 | トップページ | ミッドフット走法、やっぱり左膝が »

2019年1月22日 (火)

ミッドフット走法の可能性

今日はみよし運動公園1.8㎞を7周、12.6㎞
 
今日は少し楽に走りたいと、最初の150mもゆっくり走りました。
しかしタイムはあまり変わらなかったようです。
 
1周目 9:50
2週目 9:40
3周目 9:29
4週目 9:27
5周目 9:32
6周目 9:29
7周目 9:26
合計 1:06:56
 
6周目から右足のミッドフット走法を意識して走りました。
 
この前書いたように左足は中足部で着地しているようなのに、右足は踵から着地して右足で蹴っていて、最近踵からアキレス腱にかけて引き攣ったような痛みがあります。
 
これを解決するには右足もミッドフット走法に変えた方がいいと考えたからです。
しかし、そうすると左足に体重がかかり、左足が踵着地に近くなります。
左右に同じくらい体重がかかるように走る必要があります。
そもそも左足には左膝の半月板損傷という爆弾があります。
左足加重になるのもいけません。
 
全力疾走するとフォアフット走法になります。
それを意識しながらミッドフット走法へ移しながら体重加重を足の中足部を意識して走りました。
そうすると自然にスピードが上がるようです。
なんとか最後の方は両足ミッドフット走法で走れたようです。
が、まだまだ練習が必要のようです。
 
明日も走りますが、用事がたくさんあって、遅くから走ることになりそうです。
桜の苗木も良いものが見つかりません。
色々動いてみるしかありません。
 
今月 136㎞
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« 紀州口熊野マラソンの参加通知書 | トップページ | ミッドフット走法、やっぱり左膝が »

runみよし運動公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドフット走法の可能性:

« 紀州口熊野マラソンの参加通知書 | トップページ | ミッドフット走法、やっぱり左膝が »