2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

懸案事項

  • 竹やぶの竹を切る
  • 動脈硬化のプレゼン資料
  • 本・漫画の処分
  • 水彩画2枚
  • 寝部屋の断捨離

出場予定大会

  •  1月30日 愛媛マラソン
  •  11月21日 第4回仁賀ダムマラソン
  •  11月 7日 仁賀ダムハーフTT
  •  10月 3日 三瓶日帰り合宿
  •  10月18日-31日 酒都西条オンラインマラソン
  •  10月10日 福富30キロTT
  • 10月16日~ 袋井メロンマラソンオンライン
  •  7月23日 道後山トレイル
  •  8月 1日 もみのき森林公園30.75キロ
  •  10月17日 萩・岩見空港マラソン ハーフ

お気に入り

Amazonウィジェット

最近のトラックバック

« 紀州口熊野マラソン 旅2 | トップページ | 休足の日々 »

2019年2月 7日 (木)

紀州口熊野マラソン 旅3

さて、3日目は白浜観光です。
 
朝7時51分の電車で紀伊田辺駅から白浜駅へ向かいました。
電車は始発電車でしばらく無人の状態でしたが、出発時間が近づくに従って女子学生が乗ってきました。
ほとんど女子学生ばかりになった電車がスタートしたので、近くに女子高があるのかなと思っていたら、朝来駅で降りていくので、初めて熊野高校の学生だと分かりました。
レース当日、熊野高校の校門前でAKBの音楽に合わせて踊っていたのが女子高生でした。
思い出してみれば同じ制服でした。
後ろの方から男子学生が歩いてきたので、女子高ではないようです。
ちょっと話してみればよかった!
 
白浜駅へ着くと、そこは普通の田舎の駅で白浜海岸のイメージは全くありません。
 
どうやって白浜海岸へ行けばいいのかと探していたら、三段壁行きのバスが止まっていたので、分からないまま乗りました。
とりあえず行けるところまで行け!と乗っていたら、白良浜、千畳敷を過ぎて三段壁について、そこが終点でした。
そこで、引き返しながら名所を見ていくことにしました。
 
以下写真を三枚ずつ紹介します。
Img_0180
 
Img_0173
 
Img_0176
 
Img_0174
 
三段壁から千畳敷へ行こうとしたらバスが来る時間まで20分もあったので走ることにしました。
フルマラソンの翌日に荷物を背負って走りました。
Img_0219
 
Img_0188
 
Img_0216
 
Img_0202
 
千畳敷を観たあともバスはまだ来ません。
白良浜まで走りました。白良浜の直前で抜かれましたけど。
Img_0240
 
Img_0228
 
Img_0232
 
Img_0234
 
白良浜から円月島までは1㎞余りあります。
とてもバスは期待できそうにありません。
また走りました。
Img_0251
 
Img_0249
 
Img_0247
 
風が強くて波が白く立って見事でした。
帰りも1㎞余りあったので結構汗をかきました。
 
疲労抜きのラン&ウォークも無事終了しました。
 
お土産は白浜駅前で買いましたが、1件しか店は開いていませんでした。
他は全部閉まっていて寂れていました。
土産は白浜海岸へ行く途中に施設があったので、そこで買った方がいいみたいです。
月曜日だったせいかもしれませんけど。
 
帰りは白浜駅から特急電車で新大阪まで、それから新幹線さくらで福山まで、福山で40分待ってこだまで東広島へ帰りました。
三次からだと福山へ車を置いた方が早く帰れそうです。
今度試してみよう!
 
これで紀州口熊野マラソンの旅はおわり。
 
明日からランニングの予定です。
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« 紀州口熊野マラソン 旅2 | トップページ | 休足の日々 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
写真確かに受け取りました。有難うございます。
おもさんは相変わらずはつらつ元気そうで羨ましい限りです。
何にしても大会に出れるということは楽しいことですね。
帰りはノンストップ8時間でさすがに到着後バタンキュウでしたが。
とろとろ走りですがまだまだ引退しませんので桜江、聖湖等会えるる事を楽しみにしています。
機会が合えば温泉宿泊マラソンツア-をしたいですね。

MASAさんへ
帰りは大変だったでしょう、お疲れさまでした。
それにしても、やっぱり車で8時間はすごいです。
桜江、聖湖、今年も出ますので、一緒に走れるのを楽しみにしています。
今回のような遠くの大会は、もう二度といけるかどうか分からないので、ほんとはゆっくり走って楽しんだ方がいいのかもしれないと思いました。
一生懸命走るとエイドの食べ物も食べそびれるし、風景は少ししか覚えていないし、ハイタッチもしそこなうし、もったいないですね。
ほんと、宿泊温泉ツアーなんていいですね!
ちなみに、今日は帰りが遅くなって走り損ねました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州口熊野マラソン 旅3:

« 紀州口熊野マラソン 旅2 | トップページ | 休足の日々 »

マラソンブログ

ブログ村

無料ブログはココログ