2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出場予定大会

  •   9月23日 白竜湖トレイルラン22㎞
  •   8月 5日 もみのき森林公園30.75㎞
  •  7月15日 ピクニックラン桜江 21キロ
  •  6月10日 再生神話の郷マラニック50㎞
  •  2月18日 田幸ポプラマラソン(3キロ)
  •  5月 27日 黒部・名水マラソン
  •  4月29日 よしか・夢・花マラソン ハーフ
  •  4月 8日 MCAS岩国ハーフマラソン
  •  4月15日 津山加茂郷フルマラソン全国大会
  •  3月18日 世羅しらさぎマラソン 20キロ
  •  3月 4日 錦帯橋ロードレース
  •  2月 4日 愛媛マラソン
  •  9月 23日 さとやまスマイルラン
  • 11月 26日 宮島クロスカントリー大会15キロ
  • 11月 19日 板鍋山登山マラソン5キロ
  • 11月 12日 岡山マラソン フル
  • 10月 15日 ひろしまMIKANマラソン ハーフ
  •  9月 3日 八幡高原聖湖マラソン ハーフ
  •  8月 6日 真夏のもみのき森林公園 30.75㎞
  •  7月16日 ピクニックラン桜江 21㎞
  •  6月11日 再生神話の郷マラニック 50㎞
  •  4月30日 よしか・夢・花マラソン ハーフ
  •  4月 9日 掛川・新茶マラソン フル
  •  3月 5日 秋吉台ジオパークマラソン ハーフ
  •  2月12日 愛媛マラソン フル

お気に入り

最近のトラックバック

Amazanウィジェット

マラソン

2018年6月12日 (火)

再生神話の郷マラニック2

さて、大神山神社のエイドをスタートすると川沿いの道を走ります。
上流に向かて延々と上っていきます。
傾斜はきつくありませんが、長さにうんざりします。
日が照っていたら復路では歩いてしまいそうな箇所です。
 
第3のエイド、岸本展望駐車場までは4㎞です。
ご夫婦を追いかけて走りましたが、どんどん離されてしまいます。
エイドに着いたときはご夫婦はすでに休憩されていました。
中央の青いランシャツの男性と白いTシャツの女性がご夫婦です。
Cimg4530
このエイドでもコーラとスポドリをいただいてしっかり休養しました。
そのためご夫婦は先にスタートしてしまい、もう追いかけられないくらいの差になってしまいました。
このエイドの先で日野川を渡りますが、今年もアユ釣りの方が川の中にいらっしゃいました。
涼しそうで羨ましくてついパチリ。
Cimg4531
昨年はカンカン照りで暑かったので、この川に飛び込みたい気分でした。
 
橋を渡ると伯耆町の街中を通って南部町の赤猪岩神社までアップダウンのある道路を上っていきます。
この道も意外と堪えます。
ゴールはまだか、まだかと走ってやっとのことで25㎞の中間点です。
Bコースの25㎞のランナーはここがフィニッシュです。
Cimg4532
でも、50㎞のランナーもこのフィニッシュの横断幕の下をくぐらせてもらえます。
 
横断幕をくぐったらその先にある赤猪岩神社へお参りです。
今年も神社の写真を撮り忘れました(笑)
おまけに2礼4拍手1礼を間違えて4礼2拍手1礼してしまいました。
疲れているとはいえ、なにやってんだか(笑)
 
お参りの後はエイドのコーラ、スポドリ、麦茶、梅干し、バナナをいただきました。
マラソンではほとんど食べないのに、マラニックならではの休憩です。
Cimg4533
25㎞のランナーは座って帰りのバスを待っています。
Cimg4534
しかし、私はまだ復路があるので、座ると走れなくなると思って、早々にスタートしました。
往路のゴール前を一緒に走ったランナーさんはまだ休んでいました。
でもご夫婦はすでにスタートした後でした。
 
復路をスタートすると、ゴールしてくるランナーとすれ違います。
頑張ってください!
と笑顔で声を掛けて走りました。
ここで異様に元気で走るのがとっても楽しんです。
 
ランナーとすれ違わなくなった頃、一人のランナーに抜かれました。
交差点の信号待ちで追いついたので、ふとランバックを見ると宮島クロスカントリーの同じランバックではないですか。
声を掛けると、そのランナーさんも気づいていたようで、広島の大竹に住んでいた時に友人からもらったそうです。
(今は兵庫の西脇に住んでいらっしゃるそうです。)
宮島クロスカントリー大会はもうなくなったんですよ、と言ったら驚いていらっしゃいました。
いい大会だったのにと残念がっていらっしゃいました。
私より若い、20代か30代の方でした。(以後ランバックさん)
 
その後は、お互いに、お先にどうぞ、と遠慮しあいながらも、色々話しながら一緒に走りました。
従って復路の写真はありません。
往路と同じ場所にあるエイドで休みながら一緒に走りました。
 
大神山神社手前の川沿いの長い道路で、ついにご夫婦を抜きました。
女性の方の足が進まなくなったようです。
やはりこの川沿いの長い道は鬼門です。
 
私たちも最後のエイドでは、
ラン:ここから歩くので先に行ってください
おも:それなら最後の急坂手前まで走って、その先の坂は歩きましょう。ここから歩いたらもったいないですよ。
 
ということで、米子白鳳高校の先まで走って、その後は、妻木晩田遺跡入口まで一緒に歩いて上りました。
最後のエイドからゴールまでは8㎞、急坂を歩いてしのいだものの、下りがまたしんどい。
おまけに一宮神社から唐王神社までは上りです。
一宮神社では一緒に走っていたランバックさんが膝が痛いので、先に行ってください、ということで、ゴール直前でお別れ。
 
ゴールまでの最後は、胸も苦しくなって、もしかして心臓が?と思いながら走りました。
でもゴール手前に来ると、遠くから子供の声で、頑張ってください!と声援が聞こえました。
それを合図に少し頑張って、唐王神社の鳥居前に引かれたフィニッシュの横断幕をまたぎました。(中間点ではくぐって、ゴールでは跨ぎました!)
Cimg4519
(スタート前に写したものです。ここがゴールです)
 
ゴールして参道を少し歩いて、宮司さんから一宮神社の破魔矢をいただきました。
唐王神社の毒虫(マムシ)よけの砂と月桂樹の葉もいただきました。
赤猪岩神社でいただいたお札は届けられていて、ここでいただきました。
Cimg4535
 
お礼を言った後はフラフラで、ゴールに設けられたエイドで麦茶をいただきました。
お汁粉もありましたが、甘いものは食べられず、麦茶と梅干をいただきました。
椅子やシートの上に茣蓙が用意されていて、ゆっくり休むことができます。
 
椅子に座ろうとしたら、ランバックさんもゴールされました。
とにかく椅子に座って、ランバックを開いて手ぬぐいで顔を拭きましたが、考えてみれば途中で一度もランバックを開けていませんでした。
顔の汗は手で拭って、手はランパンで拭っていました(笑)
ランバックさんも同じだったようです。
そうしている内にご夫婦もゴールされました。速い!
 
ゴールでいただく梅干しは美味いです!
麦茶を飲みながら3個いただきました!
最後にオレンジも3個いただきました!
 
この大会は本当にアットホームです。
開催者の方やエイドの方と親しく話して走れます。
距離のほかは、タイムも測らず、競争相手は自分だけで、エイドの方は同志のような気持ちで走れます。
しんどいけど、また来ようかなと思うのは私だけではないと思います。
 
いつまでも座って休んでいたかったのですが、ランバックさんは西脇まで車なので、エイドの方にお礼を言って受付のあった大山町支所へ向かいました。
ランバックさんとは車の置き場所が離れていたので、お礼を言って途中で別れました。
でも、また来年会えそうな気がしますよ。
すっかり来年も走る気になっています!(笑)
 
50㎞、やっとのことで走りましたが、しわいの88㎞は無理だと実感しました。
私にはまだこの50㎞が限界です。
復路はランバックさんが一緒だったので頑張れましたが、1人だったらどうなったことか…
来月は、真夏の21㎞、ピクニックラン桜江です。
それまでに練習しておかないと、また地獄を見そうです。
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年6月11日 (月)

再生神話の郷マラニック1

さて今日は休養ですが、日曜日のご報告をしたいと思います。
 
まず、出発したのは朝5時。
この時期だともう明るくなっていて、冬と比べると気持ちは前向きになります。
冬に真っ暗の中を出かけるのは、いつも気分が乗らず、後悔までしてしまう私です。
 
そして一般道を129㎞車で走って2時間半で大山町支所につきます。
時間的にはやまなみ街道を使った方が速いですが、高速を通ることになって1500円くらいかかるし、時間的には23分しか違わないので今年も一般道です。
でも二つの山越えはちょっと辛いけど。
 
支所に着くと昨年と違って駐車場はほぼ満杯。
支所の入り口付近に空きがあったので引き返して止めました。
参加者が増えたみたいです。マラニックブーム?
Cimg4513
 
受付を済まして着替えていたら、大勢のランナーがスタート地点の唐王神社に向かって歩いて行きます。
私はこれからトイレに行かないといけないのに・・・
焦って着替えてトイレに行くと、数人が待っています。
 
後ろに方に、今年は移動が早いですね、予定が早くなったってことはないですよね、と聞いたら、いえ、そんなことはないですよ、と。
その方は3回目の参加、私も3回目、などと話してトイレは私の番。
その方とは二度と会うことはありませんでした。
 
雨の予報でしたが、天気は午前中は持ちそうでした。
大山も雲がかかっていません。
Cimg4517
 
でも風は少し強かったようです。
昨年も復路の後半は風に悩まされました。今日はどうなるやら・・・
Cimg4516
 
私もトイレを済ませて唐王神社へ急ぎました。
でも急いでいたので、肝心の日焼け止めを塗るのを忘れました。
結果、今、日焼けの跡が痒いです。
 
唐王神社では開会式があります。
Cimg4519 Cimg4520
大山町長の挨拶があり、郷土史の研究家の大国主命の話があり、鳥取県トライアスロン協会の方から競技上の注意があり、やっとスタートです。
でも昨年よりは短かったかも。
 
唐王神社から次の一宮神社までは団体で走ります。
スタートは唐王神社、ここでストップウォッチのボタンを押します。
Cimg4522
みんなでJOGペースで走って一宮神社に向かいます。
 
一宮神社ではマラニックの安全を祈ってお祓いを受けます。
賽銭を入れてお参りしているランナーもいます。
私もお参りしました。なんとなく、危険な感じがして・・・
Cimg4523
 
ここでお祓いを受けないと、赤猪岩神社までたどり着けないとか・・・
交通ルールは守りましょう!
道路規制はしてありません。
もしかしたらお祓いを受けないと交通事故に遭ったりするのか?!
 
さて、お祓いを受けて再度スタートしました。
この間の時間もタイムに入っていますが、本部のタイム計測はないので、自分の気持ち次第ですが、距離は唐王神社からなので、長い休憩と考えた方がいいです。早いけど・・
 
ここをスタートしたら、妻木晩田(むきばんだ)遺跡まで登りです。
登ったら日本海が見えます。
Cimg4524
 
復元された竪穴式住居や高床式倉庫が見えるとついカメラを向けてしまします。
Cimg4525
去年も撮ったのに、何故でしょう?
この間にかなりのランナーに抜かれました。
でも、この先を下りて行ったところで、係員の方がカメラを向けてくれて、1枚撮っていただきました。
後で写真を送ってくれないかな?
 
この後はトレイルのように舗装されていない林の中の山道を下りて行きます。
そして少し走ると最初のエイド、淀江ゆめ温泉。
ここが8㎞、復路では42㎞、つまりフルならゴールですが・・・
Cimg4527
ここで水分補給、でもこの時点ではまだまだ元気。
黒部の悪夢を思い出し、コーラとスポドリはいただきました。
ここは白鳳の里と言って、淀江ゆめ温泉の前です。
無料券をいただけるので、帰りには楽しんで帰れます。
私は昨年入ったので、今年は入らずに帰りました。昨年帰りの道を迷ったので…
 
実はここから山陰ランクラブのピンクのユニフォームを着た女性の跡をついて走りました。
とてもいいペースだったので、ついて行くのは危険かなと思ったのですが、神社での休養が長かったので、頑張ってみました。
 
後半に堪えるL字の上り坂&下り坂、そして登ってアップダウン、大山を左に見て下りま
す。
Cimg4528
下って街中に入ると第2のエイド、大神山神社です。
Cimg4529
ここで14㎞、だいぶ疲れました。
スポドリ、コーラ、麦茶、バナナをいただきました。
 
このエイドで、山陰ランクラブの女性の休憩が長かったのでお別れしました。
結局、この女性は半分の25㎞で終了のコースの方だったみたいです。
アブね!でもこの時は気づいていませんでした。
 
次は50代くらいのご夫婦について走ることにしました。
誰かについて走ると走りやすいですからね。
が、ペースを考えないと危険です。
なんとなくオーバーペースです。
 
復路は写真がほとんどないので、ここら辺で続きは明日です。
筋肉痛は股関節臀部くらいなので歩くのに苦痛はありません。
不思議!
ゆっくり走ればいいのか?
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年6月10日 (日)

再生神話の郷マラニック50㎞

手元の時計で6時間4分(休憩含む)
 
雨ランを想定していましたが雨は降らず、曇天の蒸し暑い中を走りました。
往路を25㎞のランナーについて走ったので、後半はボロボロでした。
 
復路の米子白鳳高校の前の坂道は歩きました。
復路は宮島クロスカントリーでもらったランバックが一緒だったことで話始めた方と一緒に走って、一緒に歩きました。
 
今回もご褒美はこれ!
Cimg4535
 
手作り感のあるアットホームな大会で2年連続で走らせてもらいました。
しかし、私自身はなかなか再生とはいきません。
 
大山は今日も見守ってくれていました。
Cimg4528
 
日焼け止めを塗るのを忘れたので、腕や足が痒くてたまりません。
 
今月78㎞
1日で距離をかせいだ!
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年6月 1日 (金)

黒部名水マラソン 旅編 レース後

さて、レース後
 
MASAさんがもうゴールしてるんじゃないかと、急いで体育館の荷物を置いたところへ帰ると、MASAさんはまだ。
ホッとすると同時に、MASAさんは急いで大阪まで帰らないといけないので、足手まといにならないように、とりあえずトイレで顔や手を洗いました。
洗っても洗ってもぬるぬる感はとれません。
塩がこびりついていたみたいです。
顔は何とかなったので、戻って着替えました。
すると、すぐにMASAさんが戻ってきました。
ゴールは10分程度しか違わなかったみたいです。
 
MASAさん、着替えながらも、腰がフラフラ。
MASAさんも60代に突入しました。
 
着替えると預けていた貴重品を受け取りに。
係の人に、どこからですか?と聞かれ、広島からです、と答えると、
また来年も来てくださいね、と笑顔で誘われました。
是非!と言いたかったんですが、はい!、で収めました。
来たいけど、遠いので。
でも、MASAさんは、距離が見えたので、新潟マラソンに出ようかと言ってました。
60代とは思えません。
 
名水鍋、名水だんごを食べ、ます寿司をもらって、一路黒部駅へ。
Cimg4417 Cimg4418
待ち時間もほとんどなく、シャトルバスが走りだしました。
 
黒部駅から私は宿泊場所の氷見まで、MASAさんはバスの出発点金沢まで。
さすがに、あいの風とやま鉄道は少し待ちました。
待っている間に、ます寿司を食べました。
Cimg4419
 
富山駅であいの風とやま鉄道は列車を乗り換え。
MASAさんは金沢までの切符を買い足し。
とやま鉄道はJRではなく、金沢まで走っていました。
待ち時間で列車を横からパチリ。
Cimg4420
 
富山駅から出発して、私は高岡でJR氷見線に乗り換えです。
車内ではMASAさんと松江マラソンとか色々立ち話をしました。(結構混んでました)
すると氷見に泊ると聞いた女性客が声を掛けてくれました。
今日富山から立山連峰が見えたので、氷見でもきっと見えますよ、と教えてくださいました。
そうこうしているうちに高岡駅に着き、MASAさんとお別れです。
 
次は知らない町へ行く小さな旅です。
Cimg4421
広島にもあるローカル線を走る列車です。
電車に乗ると、フィリピン人らしい若い女性に、スマホを指さして”越中中川!”、”越中中川!”と聞かれました。
初めて聞く名前だったので、電車の行き先かと思って、”氷見”と答えると、またスマホの画面をくるくる動かして”越中中川!”と叫びます。
意味が分からないので、社内の線路図を見ると、ありました!越中中川!
高岡駅の次の駅でした。
案内板を指さして、ネクスト ストップ というと、女性二人は飛び上がって喜んで、頭を下げてお礼を言ってくれました。
女性二人は降りる時も笑顔で頭を下げてくれて、ちょっと嬉しいビックリでした。
 
さて、目的は海の向こうに見える立山連峰ですが、列車は急いではくれません。
淡々と走ります。
氷見の駅に着いたときは、あまりに急いでいたので、写真を撮り忘れました。
海岸に出ようと思いましたが、せいては仕損じる。
丁度出会った年配の男性に聞いて、間違えずに海岸につきました。
しかし、夕方で霞んでいます。
目では見えても写真では綺麗に見えません。
何度も撮り直しましたが、その2枚です。
Cimg4422
 
黒く見える山が立山連峰、晴れていれば雪をかぶった山が見えたはずなんです。
Cimg4427
 
ついでに、氷見の先の能登半島をパチリ。
Cimg4442
 
Cimg4443
 
駅に戻って駅舎もパチリ。
Cimg4449
 
本町の長い商店街もパチリ。
Cimg4451_2
 
日曜日の夕方なのに、人の姿が・・・
寂しい北陸の港町といった感じです。
 
ホテルにチェックイン後は、受付で教えてもらった温泉に入るために海岸線をブラブラ。
 
洒落た橋と両岸に桜のある川
Cimg4452
大伴家持の歌碑
Cimg4453
長い桜並木
Cimg4457
氷見漁港の建物
Cimg4458
 
立山連峰の写真です。ホントはこんな立山連峰が見たかったんですけど。
でも、写真はほとんどが雨晴(あめはらし)で撮影されていました。氷見ではナッカタ!
Cimg4459  
 
教えてもらった大きな橋を渡ります。
Cimg4460
左側には五重塔が・・・なぜ?
Cimg4462
 
そしてついにひみ番屋街へ着きました。
が、すでに店は閉まっていました。6時ごろで終わりみたいです。
Cimg4471
目的は氷見温泉郷総湯、こちらは開いていました。
Cimg4469
絵も飾ってあって新しくできた温泉みたいです。
Cimg4464 Cimg4468_2 Cimg4465
 
残念ながら中は写真撮影禁止です。
湯は少し緑色で、海水が混じるのかしょっぱかったです。
炭酸温泉もあって、フルマラソンの疲れが吹っ飛びました。
ここはお勧め!
 
湯を出たらこれもホテルで教えてもらった料理屋へ。
しかし、なかなか見つかりません。
うろうろ30分ぐらい探し回ってやっと見つけました。
割烹しげはま!
商店街からコンビニの角を入ったところにありました。
しかし、遅くなったので、刺身料理は終わってました(残念!)
でも、目的の氷見うどんはありました!
海鮮丼はできるというので、セットで注文、氷見の酒もいただきました。
Cimg4477 Cimg4478
氷見うどんは、最初の1本は何もつけずに食べて、塩味を楽しむのが良いそうですよ。
日本酒もいい味でした!
 
お酒のせいもあり、その夜はテレビをつけたまま寝てしまい、夜中に起きて二度寝となりました。
 
朝は早めにホテルを出て7時23分の高岡行きの列車に乗りました。
月曜日の朝で、学生がたくさん降りてきて、そしてたくさん乗ってきました。
閑散とした商店街とは違い、駅前は送ってきた車がロータリーをぐるぐる回って学生を下ろしていました。
残念ながら車中の写真はとれませんでした。
私服が3種類ぐらい見られたので、それぞれ違う高校生と思われます。
 
高岡駅でさらに乗り換え、次の新高岡駅で北陸新幹線に乗ります。
Cimg4481 Cimg4483
Cimg4484_2 Cimg4487
 
この新高岡駅でお土産を買いました。ちょっと失敗したお土産もありました(長野のお菓子を買ってしまった(;ω;))が、何とかセーフです。
しかしここでも切符の自動販売機は失敗、使い方が悪いんでしょうか?
 
Cimg4486 Cimg4489_2  
 
金沢駅に着くと来た時と同じサンダーバードに乗って新大阪へ。
Cimg4490 Cimg4491
 
こうして、黒部名水マラソン、フルマラソンの旅は終わりました。
 
帰りの車内で撮った写真、
Cimg4495
 
家に帰って撮った写真、
Cimg4503 Cimg4504
 
もう一度、リベンジ、いや、小さい旅をしたいです。
大会関係者の皆さんや、迎えてくださった黒部の皆さん、4:30のペースメーカーさん、この度はお世話になりました。
ありがとうございました!
 

2018年5月31日 (木)

黒部名水マラソン 旅編 前日

私の住む三次市からは富山県ははるか遠く。
バス路線もないので新幹線を使います。
まずは東広島まで車で1時間走ります。
7時半ごろ駅前について駐車場に止めます。
1日300円、3日間で800円、どうです、安いでしょう。
田舎の新幹線駅のメリットです。これが広島駅ならこうはいきません。
ホントはもっと安い駐車場もあったのですが、坂の上にあるので帰りにつらいかなと思って駅前すぐの駐車場にしました。
Cimg4324_2
 
駅の自動販売機で切符を買おうとしましたが、何故か一旦広島駅に戻って、再び新大阪に行く切符の案内ばかり、諦めて窓口で買いました。
するとあっさり買えて、なんだ悩むことなかった!
8時3分発の新幹線は一路新大阪へ
 
そして新大阪着
Cimg4326
 
次はサンダーバード17号で金沢まで。
Cimg4327
 
車内は空いてて快適です。でも車内販売はありません、注意!
新大阪駅で助六寿司を買っていたのでそれを食べました。
Cimg4329
 
車窓からは琵琶湖湖畔の風景が綺麗です。
Cimg4330
 
Cimg4331
 
ここはすでに福井を過ぎていたかも?
Cimg4339
 
1時間30分程度で金沢につきました。
Cimg4343_2
 
サンダーバードはこんな電車でした。
Cimg4342
 
次は北陸新幹線、つるぎ712号に乗り富山へ向かいます。
Cimg4345
 
初めての北陸新幹線、駅は山陽新幹線より立派です。
雪国なので、屋根もあって雪対策は万全ですね。
つるぎはこんな姿、なかなかスマート。
Cimg4349
 
23分で富山駅につきました。
Cimg4350
 
富山駅からは、あいの風とやま鉄道(私鉄)で黒部駅に向かいます。
Cimg4353
 
28分で黒部駅につきました。
Cimg4355
 
黒部駅はこんな駅です。外国人さん向けに英語の駅名もかっこいいですね。
Cimg4389
 
そこからシャトルバスで受付会場へ向かいました。
駅からは10分程度で黒部市総合体育センターにつきました。
電車が着くたびにシャトルバスが来るので待つストレスはありません。
Cimg4356
 
体育館に着くとすぐに中に入れて、長々と歩く必要もありません。
Cimg4357
 
まずは参加賞のTシャツをもらいます。
Cimg4361
 
そして、大会誌をもらい、次がナンバーカードです。
Cimg4360
 
袋も貰いましたが、他の大会であるように、様々な広告のリーフレットはありません。
リーフレットはいくつかテーブルの上に置いてあり、気に入ったものをとるようになっています。不要ならば、貰うのは先の3点だけでいいのです。
押し付けがましくなくて、走りを楽しんでください!って感じが気持ち良かったです。
 
芝生広場に出てみました。
Cimg4364
快晴ではるか向こうに立山連峰が見えました。
 
黒部の名水も自由に飲ませてもらえました。でもこれは親子ミニマラソン用だったかもしれませんが・・・
Cimg4365_2
 
その親子マラソンのゴールではQちゃんがファンの女性の赤ちゃんと一緒に写真に納まっていました。
Cimg4373
 
前日はQちゃんと柏原竜二さんのトークショーが予定されていました。
Cimg4382
 
やはり期待した立山連峰が綺麗だったので、体育館の2階に上がってパチリ。
カメラがカメラなので余り綺麗には撮れていませんね。
Cimg4379
 
Cimg4380
 
会場を散策した後は再びシャトルバスで黒部駅に戻りました。
バスの中からも立山連峰が大きく見えます。
Cimg4386
 
黒部駅で宿泊先「あこや~の」のバスが16:00に迎えに来ることになっていました。
迎えのバスは5,6名のランナーと思しき人を乗せて、山の上の方に向かって登りました。
そして着いたところが黒部市ふれあい交流館「あこや~の」
「あこや~の」は地名のようですよ。
Cimg4396
(玄関)
Cimg4397
(遠景)
手前はグラウンドで、学生などが宿泊してスポーツの練習をできるような施設です。
古い施設で周囲にある桜の木の幹は、私が手を回しても指先が届かないくらい太かったです。
 
今回、黒部名水マラソンともう一つ学生の団体が利用していましたが、個人では利用できないとのことでした。
部屋は二段ベッドが4つある相部屋でしたが、私の部屋は3人でそれぞれ二段ベッドの下段を使えました。1人は博多から、一人は岡山からと偶然西日本からの方でした。
 
私は食事を夕方も朝も大もりを頼んでしまいましたが、宿泊費はすべて込みで3,920円で安く済みました。でも食事は普通盛りで良かったようです。食べ過ぎました(笑)
残念ながら料理の写真は取り忘れました。
 
この施設は富山湾に面しており、遠くには能登半島が見えました。その能登半島に夕方7時前から夕陽が沈み始めました。
数人のランナーが気づいて私たちがいた3階に上がってきて写真を撮り始めました。私も一緒になって、ああだこうだと言いながら撮りました。
全て掲載しますのでお楽しみください。
Cimg4400
 
Cimg4401
 
Cimg4402
 
Cimg4403
 
Cimg4404
 
Cimg4405
 
Cimg4406
 
Cimg4407
 
Cimg4408
 
こうして黒部名水マラソンの前日の夜は深まり、遠路の疲れが出たのか私たちは10時過ぎに部屋の電気を消しました。
翌日は気温が少し下がるとのうわさを信じて眠ったのですが…
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年5月30日 (水)

黒部名水マラソン レース編②

本日はランオフ。
昨日10キロ走ったら足の筋肉痛です。
黒部名水マラソンの翌日よりも疲れています。
年寄りにはスピードは体に悪いんでしょうか?
 
さて、黒部名水マラソンは、ヘロヘロランのまま黒部川に沿って下ります。
下っているにも拘わらず、体感は平地です。
とってもしんどい!
黒いランシャツのDXXXXのランナーさんと白いランシャツのDXXXXのランナーさんが、歩いたり走ったりで、エイドがある度に前になったり、後ろになったり。
私と同じようにバテてます。
しんどいよねと同情、他人ごとではないんですが(笑)
 
広い公園が見える所では、音楽バンドがギターを弾いて応援してくれていました。(今見るとアキグミ公園か黒部川河川公園かどちらかだったようです)
もうここら辺では練習、それもスロージョギングの練習だと思っていました。
とにかく前に進めばゴールに着くと!
25㎞から30㎞の5㎞は38分かかっています!!(゚ロ゚屮)屮
 
実は、この間、何㎞ぐらいだったか、右に坂を登って黒部川が見える所に上がった時に、Qちゃんに会いました。
大きな声で声援をかけて、ハイタッチをしてくれました。
私は、ヘロヘロでなんて答えたか、大した返事はできていません。
マラソン大会でゲストで来て、本当に盛り上げてくれるのはQちゃんと有森さんぐらいかな、などと思いながら走ったことを思い出します。
 
31.8㎞のエイド
水を取ったら、エイドから女性がオレンジを2切れ差し出してくれました。
それまで水以外何も口にしていなかったので、そのオレンジはとても美味しかったです。
少し元気が出て腕振りが楽になりました。
しかし下腹部のピリピリは続きます。
 
33.6㎞
水を取ろうとエイドに近寄ったら、係員の男性が塩だよ!と声を掛けてくれました。
見ると塩が紙か何かの上に盛ってありました。
思わず指先で塩を取りました。
マラソンで塩を取ったのは初めてです。
塩を口の中の放り込み、素早く水で流し込みました。
美味かった!
自分の汗の味よりも美味かったです(笑)
 
ついに35㎞の看板が見えました。
あと7㎞
練習の時に走る近所グルグル5周と同じ距離です。
何とか最後までいけるか、と思っていたら、また後ろからランナーの足音が。
道路脇に除けると、なんと!抜いてきたのは4:30の2名のペースメーカーです!
 
ああ!もうダメか!
でも何とかついて走れないか?
もしかして、と走って見ました。
すると、なんと足が動きました。
ピリピリしていた下腹部も、練習の時のように収まり始めました。
 
いける!
ゆっくりペースメーカーに近づきました。
ペースメーカーについて走っているのは10人程度。
ペースメーカーの少し後ろをついて走りました。
不思議と苦しくありません。
休養が過ぎたか?(笑)
 
37㎞過ぎ、海岸に出る手前で1人ランナーが倒れていました。
すでに救護の人たちが集まっています。
見るたびに自分が同じように倒れてしまう場面を想像します。
大丈夫だろうかと心配しながらも、ペースメーカーについて走ります。
 
そして海岸に出ました。
広い防潮堤の上からは、右手に大きな海が広がっています。
MASAさんの表現では、海が盛り上がって見えます。
青い空、青い海、気持ちいい立山連峰からの風。
先ほどとは状況が全く変わりました。
なんと気持ちのいいランニング。(なんじゃこれは!!)
もうペースメーカーについて走らなくてもゴールできそうです。
しかし、この時点でついて走っているのは私のほかは数名。
ペースメーカーさんが声を掛けてくれるのはもっぱら私。
義理と人情、最後までついて走ることにしました。
でも、愛媛マラソンの4:00のペースメーカーさんがしたように、最後の1㎞は、自由に行ってくださいと言われるだろうと思っていました。
 
40㎞を過ぎると海岸沿いを離れて、昔の街並みの中を走ります。
生活感のある家並みが続きます。
そしてついに残り1㎞!
予想通りペースメーカーさんの1人が、行ってください!と声を掛けてくれました。
その時は一緒に走っていたのは私1人になっていました。
はい!
スピードを上げて前に出ました。
ホントはここで、ありがとうございました!とペースメーカーにお礼を言うつもりでしたが、つい忘れてしまいました。
ああ、どうしよう、と思いながらも引き返せません。
それどころか、後ろから走る姿を見られていると思うと緊張です。
横ぶれしないように、腕を振って走り続けました。
前のランナーはほとんど抜いて走りました。(1人だけ追いつかれて抜かれたけど)
 
そして最後、僅かな上り坂を登ったら左に折れてゴールです。
ちょっと苦しくなりましたが、スピードを緩めず、ランナーを抜いて走りました。
ゴールは前日写真に収めていました。
Cimg4369
 
Cimg4368
 
Cimg4366
この間を抜けて走りました。
そして万歳してゴール!
 
するとオールスポーツのカメラマンさんが四季の会さん!と声を掛けてくれました。
実はスタート前、整列に向う道でも同じカメラマンさんに四季の会さんと声を掛けられていました。
やっぱり写真を買わないといけないかな?
と嬉しい気持ちになりました。
 
でも、このまま行く訳にいきません。
ペースメーカーさんにお礼を言わないと。
ゴールから少し離れたところで待ちました。
 
すると、4:30の2分ぐらい前に2人のペースメーカーがやってきました。
ゴール手前まで来ると一旦止まって、ランナーを手で押しやるようにゴールに誘います。
そしてまた少し戻って、ランナーと一緒に走ってきます。
また戻って、ランナーと一緒に走りを繰り返します。
そしてとうとう4:30分前、ランナーと一緒にゴールしました。
ゴール後はランナーに、お疲れさんと声を掛けながら歩いてきます。
 
思わず駆け寄って、言い忘れていた、ありがとうございました!とお礼をいました。
すると、ナイスランです!と答えてくれました。
ホントはもう一言、お陰で爽快なゴールができました!と付け加えたかったのですが、言い過ぎのようで、言葉になりませんでした。
ペースメーカーさん、とても素敵でした。
 
黒部名水マラソン、撃沈、快走、色々ありましたが、楽しい思いで締め括れました。
 
次は、旅行編です。
これも長くなるかも。
今日はここまで、
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年5月29日 (火)

黒部名水マラソン レース編

時間を置くと忘れてしまいそうなので、写真は少ないけれどレースを振り返ってみたいと思います。
 
と、まずその前に、今日走りました、10㎞。
5㎞をゼーハー走って、折り返し地点で少し休んで、復路の最初はゆっくり走って坂道をゼーハー頑張って、最後の1㎞をWSのつもりで走りました。
レース後2日たっても足が痛くならないので、たぶんゆっくり走りすぎた(手を抜きすぎた?)せいだと頑張って見ました。
今月140キロ。(150㎞行くかな?)
 
ではではレースです。
レース前はMASAさんと一緒でした。
7時頃に受付会場と荷物置き場のある体育館で待ち合わせていました。
ところが会って話を聞くと、レース後は大阪の梅田に戻って、翌日ミュージカルを観るとのこと。
異次元の(失礼)の行動パターンにビックリ!
私の氷見への小さい旅とは発想が違いました。
着替えた後は時間があったので外に出て会場見物。
そこでボー!っと立っている人(失礼)を見つけてシャッターをお願いしました。
Photo
会場をバックに元気元気の私と大人のMASAさん。
この時は何も考えずやる気満々、でも忘れ物してたんですけどね。
(どう見ても私の足は短い)
 
Photo_2
カニさんになった私(MASAさん撮影)
Cimg4413
こんな歓迎も!
Cimg4415
しかしこんな歓迎したくないお迎えも、カンカン照りの快晴でした。
 
名水鍋、名水だんご、ます寿司の食べられる場所を確認し、一旦の荷物置き場に戻って最後の準備、1時間前の補給をパンでしました。ホントはおにぎりが良かった…
(ここら辺の記憶がはっきりしません)
 
お腹の準備終了をして、再び外に出てウォーミングアップの途中でトイレの前でMASAさんと健闘を誓って分かれ、さらに走る私。
 
と、急に忘れものに気づきました。
実は中間点までの目標タイムを腕に書く予定でした。
急いて荷物のある場所に戻って、タイムを書いた紙を探してボールペンで書こうとしたら書けない!
慌てて荷物を探したら油性マジックが出てきたので、汚い字で左腕に殴り書き。
(無駄になるとは夢にも思わず)
 
すると今度はお腹の調子が…ウォーミングアップで走ったので〇〇〇の催し。
今度はトイレに向かってゴー!
走っているときに見つけた空いているトイレで待つこと約8人。
なんとか整列制限5分前に完了!
教訓① ウォーミングアップはトイレの前に行うこと。
 
なんとか整列したDブロックは盛り上がった橋の向こう側で、スタート地点が見えない。
そんな中で開会のセレモニー。
Qちゃんも柏原竜二さんも見えないうちに終了。
終わると少しづつブロックが前に進みます。
そのうち橋の上ぐらいまでの行ったところで、急にスタートの合図らしい音。
(あまりに急だったので音は覚えていません。ざわざわとしたスタートになりました。ここら辺だけこの大会もったいなかったかな。せっかくだからスタートを放送してほしかった)
 
とにかくスタート。
Qちゃんの応援を受けてみんな手を振って応えました。
 
最初はひたすら平坦な道を走ります。
初めてなのでどこを走っているか分かりません。
道は広くはありませんが完全通行止めなので、狭くは感じません。
北に向かって走ったところで折り返して少しして5㎞
28分56秒
スタートロスが1分27秒(30秒位と思っていた)あったので、ほぼ想定通りのスピード。
 
あいの風とやま鉄道の沿線沿いに黒部駅に向かって走ります。
給水は、すでに2.3㎞、4.4㎞にありました。
4.4㎞には塩も置いてあったのですが、まったく気にせず水しか飲んでいません。
次の6.7㎞、9.2㎞も取ったのは水だけ。
昨日降り立った黒部駅前に着くと左折して緩い上り勾配が始まります。
Cimg4393
(これは前日の写真なので車が走ってますが、当日は2車線とも通行止めです)
歓迎の横断幕の下を走ります。
そして10㎞
56分55秒、予定より1分余り遅れ。
ちょっと焦り。
 
するとゼッケンC17XXのランナーさんを再び見つけました。
実は4㎞辺りで抜いたランナーさんでした。
Cブロックなので私より速いはず。
なのに私は抜いてしまった。
この人について行こう。
特に速いと思わなかったので後ろについて走れました。
エイドでは水を飲み、首筋に水を掛けて走りました。
汗は手で拭うと手がびしょびしょになるのでランニングパンツで拭います。
 
13㎞過ぎから坂が急になってきました。
沿道の応援を受けて走ります。
ここの応援は、大きなうちわ大の手の型の切り抜きを持っています。
その手にめがけてハイタッチして走ります。
ポンポンポン、これなら沿道の方も手が痛くないですね。
 
坂を登って一旦下がったところが15㎞
(まだ先があるんだから下がりたくないんですが)
1時間25分01秒
予定より4分遅れ、まだまだ大丈夫。
 
一旦下がって右に折れて再び登り坂。
結構急な登り坂。
ここも沿道の応援をたくさんいただきました。
しかし、この時点で応援に応えるハイタッチはできなくなっていました。
必死でC17XXのランナーを追いかけました。
少しずつ開いていく距離。
 
そんな中、18㎞くらいで後ろからパタパタという軍団が。
サブ4:00のペースメーカーです。
こんなに早く!
速すぎるんじゃない!?
でもペースメーカーを追いかけられません。
C17XXのランナーはペースメーカーと一緒に見えなくなってしまいました。
 
やってきた20㎞
1時間54分07秒
予定より6分遅れ、確かにこのペースだとサブ4ぎりぎりです。
 
20キロ過ぎで左折して少し平坦な道を走って、また、だらだら登る上り坂。
そして中間点
2時間00分48秒。
1.0975㎞を6分40秒かかっています。
この時点で力が抜けました。
もうサブ4は無理!
この辺りから股関節前側と下腹部にピリピリと痛みが出てきていました。
時々左足裏にもピリピリした痛みが出てきました。
練習でも感じていた痛みです。
気が付けば掛水と汗でパンツはびっしょり。
 
延々と真っ直ぐな登り坂が続きます。
どこまで登るんじゃ!
でも力が出ません。
そこ頃、IXXXXの女性ランナーと並走していました。
その女性ランナーは15㎞過ぎ位から一緒でしたが、沿道の応援に笑顔で両手を振って応えていました。
Tシャツには水ingと書いてあり、どうやら地元の方のようでした。
応援があるところでは、必ず両手で応えています。
元気だなあ!
しかし私は下腹部痛から便意を催してきました。
23.1㎞のエイドを過ぎると次のエイドは折り返し点を過ぎてからです。
 
ついに折り返し点がやってきました。
この頃初めてDNFの恐怖が襲ってきました。
このまま足が上がらなくなりそうでした。
とにかく次のエイドでトイレを借りよう。
折り返し後は下り坂のはずですが、平坦と変わらないつらさです。
 
ついに25㎞
2時間24分29秒。
(この時点ですでに時計は見ていませんが完走証のタイムです)
とにかく走り続けるだけで精いっぱい。
 
そして25.4㎞のエイド。
トイレがあったので前に並びます。
しかし待っている人が1人、なかなか順番が来ません。
やっと入って、結果はおならだけ。
ますます下腹部の痛みの訳がわかりません。
とりあえず、もう一度コップ一杯の水を飲みほして走り始めました。
この時このエイドに塩があれば変わっていたかもしれませんが、それは仮定の話。
まだまだつらい走りは続きます。
 
長くなったので明日へ
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年5月28日 (月)

黒部名水マラソンから帰ってきました

見事、黒部の地に散って参りました!
記録:4時間26分36秒
Cimg4495
キラキラの完走メダルをもらえたのに、目標の4時間切りはできず。
今後の目標は4時間30分に格下げする必要があるようです。
 
当日は快晴、風は冷たくて気持ちいいのに、日差しが強くて知らないうちに顔が塩だらけでした。
エイドが22個もあったので、黒部の水を飲み続けましたが会えなくダウン、20㎞から35㎞まではヘロヘロで走りました。
しかし35㎞過ぎに現れたサブ4:30のペースメーカーのお陰で生き返り、41㎞まで先導してもらい、最後の1㎞はランナーを抜きながら走ってゴールできました。
ペースメーカー様様です。
 
ゴール後の楽しみは無料の味。
名水鍋(カニ汁)
Cimg4417
名水だんご
Cimg4418
ます寿司
Cimg4419
一緒に参加したマサさんと楽しみました。
 
また参加したい!
写真は一杯撮ったので詳細は後日。
 
まだまだ練習不足、頑張ろう!
今月130㎞
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年4月29日 (日)

よしか・夢・花・マラソン

よしか・夢・花・マラソン
 
今年も暑かった!
スタート時には雲一つない晴天!
風が冷たかったのが唯一の救いでした。
でも肌はじりじり焼かれました。
Cimg4302
 
記録は1時間50分18秒
 
また50分を切れませんでした。
Photo
 
前半キロ5分で走っているつもりが、少しづつ遅れていて、折り返し点ではタイム確認も忘れる始末。
ラップタイムの取れる時計を電池切れで放置したので、仕事で使う普通の時計をしていったら、時間の感覚がつかめませんでした。
後半5キロ以降を一生懸命走ったのに時計を見ることは一切しなかったので、完走証の記録を見てビックリ!
45分切りを狙っていたのに、5分以上遅い!
 
しかし、昨年は1時間56分、一昨年は1時間52分だったので、半月板損傷後ではベストです。
 
でも半月板損傷前の5年前では、1時間37分台だったので、それには13分及びません。
5
(5年前の写真)
Cimg4303
(今年の写真 一つは一緒に参加した同僚のものです)
 
今日走った感想では、50分前後が限界のようで、走っている最中に左膝の関節がガクガクして痛みました。
走りも右足中心になり、右腰、右下っ腹の筋肉痛も出てしまいました。
スピードについてはそろそろ納得するしかなさそうです。
 
今回は嬉しいドッキリもありました。
昨年9月にさとやまスマイルランで一緒に走った男性と女性に会うことができました。
久し振りの出会いで嬉しかったのに、帰り際の出会いだったのゆっくり話ができなかったのが残念でした。
でも、話がレースの話になってしまうのは、やっぱりランナーですね。
また、来年も会えるのを楽しみにしましょう!
 
ここに毎年参加するのは抽選会が終わって係員の人たちが拍手で送ってくれる暖かさを感じるからです。
走らせていただいて、毎年感謝です。
記録は一番出にくい大会なんですけどね。
Cimg4308
 
今回は昨年に引き続き温泉に入って帰りました。
昨年は柿木温泉でしたが、今年はその途中にある木部谷温泉松の湯
Cimg4310
 
温泉らしくない建物で、一瞬民家か集会所か?と思いましたが、食堂や休憩所もあって、年配のご夫婦が暖かく迎えてくださいました。
湯舟が大きくなかったので、ランナーが押し寄せて、ちょっと芋の子洗いのようになったのは残念でした。
Cimg4309
 
今日ハーフを走ったので、今月177キロ。
明日も今月の内なんですが走れるかな?
筋トレの必要性を感じます。
頑張ろう!
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2018年4月18日 (水)

津山加茂郷フルマラソン大会 その3

フルマラソンから3日目

 

足の筋肉痛、腰の痛みもすっかりなくなりました。

ところが、ときどき下っ腹でピリッ!と痛みが走ります。

それも左側で。

恥骨筋の痛みなら無理はできないので、今日もランオフとしました。

 

さて、今日で最後の津山加茂郷フルマラソンの振り返り

記憶が定かではなくなりました。

 

時間のことを気にしだしたのは、そろそろ足がきつくなってきた30㎞手前。

あと12㎞

時計を見ると、12時45分少し前。

神様!やばいです。どうしろっておっしゃるんですか?!

 

キロ7分で走れば、84分、これだと4時間オーバー

キロ6分で走れば、72分、これだとサブ4に3分位余る。

俺ってキロ何分で走ってんの?

わかんない!

ファンランどうするか?とりあえずこのまま走る!

 

しかし、もう足が痛くて、とくに右股関節前側が何故か痛い。

 

そんな時でも、沿道の応援は続きます。

でも「ありがとう!」が精いっぱい。

 

31㎞を過ぎて次は、

32㎞?いつまでたっても看板がありません。

するといきなり9㎞!

って、あと9㎞ってこと?

 

時計は13時5分前!

キロ6分でギリギリ! ラスト4㎞は確実に6分以上かかるのに?

神様!ファンランに徹して応援に応えて4時間以上でもよろしいでしょうか?

神様!いえ、ファンランをしながら、サブ4も達成しろということですか?

 

あと8㎞ 13時11分! ワー!キロ6分じゃん!

街中に入って応援も一杯! 

心で泣いて、笑顔で答える。

あー! おばちゃんに抜かれちゃった!

 

あと7㎞、看板見つかんない!

あと6㎞、もうすぐ上りの4㎞が始まる!

 

あと5km!

しかし、ここら辺からなんか変?

5㎞の看板が2回現れる!

なんで?どっちが正しいの?

 

ついに右に折れて橋を渡って登り坂!

ついに来た!ラスト4㎞!

ガク!とスピードダウン 足が・・・動かない!

声援は嬉しいけど、ここに至って応えられない! ファンランどこ行った!

またしても4㎞の看板!

これって2番目の方がフルマラソン用でしょ!(でもなぜ2つ?)

 

この時点で13時35分位(正確な時間は忘れた!)

とにかくキロ6分ではまずい!

でもスピードは上がらない!

神様!ファンランさせてもらっていいですか?

神様!やっぱりだめですよね・・・

 

あと3㎞ やっぱり2つあるよ!

あと2㎞ やっぱり2つあるよ!

あと1㎞ ここでラストスパートしないとサブ4無理~!

やっぱり2つあるけど、腕を振って骨盤前傾で足を垂直に踏み込んで走る!

グランドへ上がる坂を前のランナーを抜いて駆け上がった!

 

オー!ノウ!

会場1周! じゃない! 1周半じゃん!

Cimg4266

(こんな感じで外側を1周してゴールなんよ(後で撮った))

 

掲示板のタイムは3時間58分12秒!

横を走り抜けてもう1周、2分かからないよね!助けてー!

そんな時「・・・は〇〇選手!」と私の名前をコールする女性の声が会場に響き渡る。

これでサブ4は逃せない!

必死で走る、走る!走る~!

やっと掲示板の前まで来た! 見えたのは59分12秒!

1分で回って来た!でももう少し!大丈夫!

サブ4でゴー~ル!

ほんとギリギリ!

 

ヘロヘロでした。

チップは椅子に座ったまま女子学生さんに外してもらいました。

お水も男子学生さんにお代わりをもらいました。

ありがとうございました!

おじさん、お世話になりました。

 

ファンラン、楽しかったけど、苦しかった!
来年はもっと余裕のあるファンランするからね。
 
ホントに今回、この大会の応援の素晴らしさを感じました!
大会関係者の皆さん、応援の皆さん、ありがとうございました。
中国道のくねくね道嫌いだけど来年もまた行きます!
 
と、ここまで書いて?!
掛川・新茶マラソンどうしよう?
同じ日に開催なんですよ!
今の気持ちは津山加茂郷です。
掛川・新茶は今んところリベンジですから?
 
楽しい日曜日でした。
帰りは眠くてパーキングで2回休憩したり、降りなくてもいいインターチェンジを
サービスエリアと間違えて下りたりして帰ったとさ(笑)
 
頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

マラソンブログ

無料ブログはココログ